失った歯を補う方法

虫歯や歯周病が進行すると、最終的には歯が抜けてしまいます。自然に歯が抜けなくても、虫歯や歯周病が重症化し、他の歯に悪影響を及ぼす場合などは、歯科医院で抜歯となる可能性もあります。

このようにうしなった部分の歯を補うのが義歯で、「入歯」「ブリッジ」「インプラント」という3つの選択肢があります。

義歯で噛めるようにする為には、口の中にしっかり固定しなければなりません。入歯、ブリッジ、インプラントはそれぞれ口の中に固定する方法が大きく異なります。

入歯には1本から数本の歯を補う部分入歯と、すべての歯を補う総入歯があります。入歯は歯肉を補う「義歯床」と人工歯からなりますが、部分入歯はそれらを「クラスプ」と呼ばれる金属のバネを残っている歯に引っかけて固定します。

総入歯の場合は、金属やレジンと呼ばれるプラスチックでできた「床」を歯肉に密着させる事で固定します。どちらも自分で取り外して毎日清掃し、夜寝る時に外します。入歯の難点は、自分の歯と比べて噛む力が低下してしまう事と、装着している時の違和感でしょう。

その難点を補っているのが、固定式のブリッジやインプラントです。どちらも自分の歯と同じような感覚で噛む事が出来るという利点があります。

ブリッジは失われた歯の両隣の歯を削り、人工歯を橋のように繋げる方法で、削った歯が橋脚となります。ブリッジの欠点は、両隣の歯を削らなければならない事です。

すでに虫歯などで治療の必要があれば負担になりませんが、健康な歯はなるべく削りたくはないものです。それぞれにメリットとデメリットが存在します。歯科医師としっかり相談した上で選択しましょう。

定期的な通院が歯を守るのTOPへ